チーム 学んでみた

「スクラム、モブプロ、アジャイルエンタープライズ -小さなチームと大きな組織-」という講演をしてきた #CEDEC2018

CEDEC2018で、 @kawaguti と「スクラム、モブプロ、アジャイルエンタープライズ -小さなチームと大きな組織-」というお話をしてきました。

CEDEC2022
CEDEC2022

CEDEC(Computer Entertainment Developers Conference)はゲームを中心とす ...

2018.cedec.cesa.or.jp

CEDECという場

まさかゲーム業界にいない自分がCEDECという場でお話できるなんて思っていませんでした。なので今回参加&講演できることになってとても嬉しかったです。 参加してなにより驚いたのはCEDECという場の熱量です。業界は違えど、負けていられないなーと思いました。来年はちゃんと公募出して参加しよう!

資料

モブプログラミングのお話はたくさんさせてもらってきましたが、今回はいつもと違う場でお話するということで、かなり準備に苦労しました。

  • 具体的な事例よりもそこから抽出した学びを中心にする
  • プロダクトづくりを生業にしている人であれば業界が違っても伝わる言葉で話す
  • 「生産性」について本気で考える
  • チームで仕事をするということについて本気で考える

ということを意識して構成してみました。うまく話せたかどうかはわかりませんが、良いフィードバックをいただけたのでよかったです。

* CEDEC用に自己紹介スライドをデザインしております

  • この記事を書いた人

TAKAKING22

制御不能なアジャイルモンスター

人気の記事

1

プロダクト開発やアジャイルコーチの仕事をしていて、自分がチームや組織をみるときにコミュニケーションの方向を気にしているな ...

2

ソフトウェア開発の現場においても、地獄への道は善意で舗装されているのかもしれないと思った話。 地獄への道は善意で舗装さ ...

3

※この記事は2019年8月1日時点での記事です Trelloでチケットを作成したりチケットのステータスが変更されたときに ...

4

「アジャイル開発とスクラム第2版」が4月7日に出ました。 アジャイル開発とスクラム 第2版 顧客・技術・経営をつなぐ協調 ...

5

2019年10月からチームの支援をはじめました。詳細については以下をご参照ください。 ページ内にもあるメッセージから抜粋 ...

-チーム, 学んでみた
-, , , ,